いちご鼻のケアを考える!

2018年06月15日
夏本番。これから、どんどん気温や湿度も上がり、汗や皮脂がますます気になりますね。
この時期にご相談が増えるお肌悩みは、
いちご鼻です。

いちご鼻は、間違ったお手入れをしてしまうと、かえって悪化させてしまいます。そこで今回は、いちご鼻のお手入れポイントをご紹介します!

ポイントは、皮脂を取りすぎず、「過剰な皮脂がでないお肌」を目指す事です。

1、お肌の保湿成分を落とし過ぎないクレンジング
メイクをきちんと落とすことは大切です。しかし、洗浄力の高いクレンジングをつかうと、お肌に必要な皮脂や天然保湿因子(NMF)、セラミドまで落としてしまう心配も。それで乾燥が進むとお肌の水分を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。そうすると、いちご鼻が目立ったり、もとから目立っている方は更に悪化する可能性が。だから、メイクをしっかり落としながらもお肌に優しいクレンジングをすることが大切です。

そんなお肌にやさしいクレンジングができるオススメのアイテムが、「ナールスエークレンズ」!アミノ酸系界面活性剤配合で、やさしくメイクや汚れを落とします。また、クレイが毛穴の汚れを吸着し、アーチチョーク葉エキス配合で、毛穴の黒ずみ・開き・たるみなどの毛穴の目立ち改善をサポートします。

2、無理な角栓の除去はNG
毛穴に詰まった角栓をピンセットや爪、毛穴パックで強制的に取り除くと、バリア機能が低下し、皮脂の過剰分泌の原因に。これもいちご鼻の原因に。ですので、無理に毛穴の汚れを落とすのはNG。夏でもしっかり保湿を行って、自然に毛穴の黒ずみや汚れが落ちるお肌状態、つまりターンオーバーが正常な状態を目指すことが大切です。

3、過剰な皮脂をコントロール
過剰な皮脂のコントロールには、ビタミンC誘導体配合化粧水がオススメです。
なぜならビタミンC誘導体は、皮脂コントロール作用や、毛穴の引き締め・詰まりの改善の効果が期待できるからです。
オススメのビタミンC誘導体配合の化粧水は、「ナールスピュア」です。ナールスピュアには、水溶性ビタミンC誘導体と、両親媒性ビタミンC誘導体「APPS」の2種類のビタミンC誘導体が配合されています。

さらに、普段のお手入れにプラスでオススメしたい方法は、「洗顔の前に蒸しタオルを使う」ことです。洗顔の前に蒸しタオルを使って、角栓や汚れで詰まった毛穴を開かせましょう。あらかじめ毛穴を開かせておくと、優しい洗顔でも角栓を除去できていちご鼻の改善が可能です。
方法はとても簡単です。

@タオルを濡らしてラップで包みます。
Aタオルを電子レンジで30秒ほど温めます。
Bタオルを電子レンジから出した後、刺激を感じない熱さまで冷まします。
Cそして、鼻を中心に5分程度乗せておくだけです。

また、酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」の併用もオススメです。なぜなら、角栓の70%がたんぱく質なので、たんぱく質分解効果があるパパイン酵素が配合されているからです。
ただし、酵素洗顔の頻度は、朝か夜に1回だけ、かつ、週に1回〜最高で3回程度に抑えてくださいね。

私自身は、乾燥肌なのですが、この時期になると鼻周りのベタつきが気になり、いちご鼻になりやすくなります。きっと、この時期はとくにいちご鼻が気になるという方が多くいらっしゃると思います。
皮脂が多いからと言って、洗いすぎずやさしいクレンジングを基本に、正しいいちご鼻のケアをしていきましょう!

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:心も体もハリとツヤ

<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集